プロのアーティストになりたいなら新宿美術学院に通おう

入試前の文章トレーニング

原稿用紙

準備が必要な入試科目

小論文を試験科目に加える大学は、近年増える傾向が見られます。他の教科とほぼ同じウェイトを占める小論文は、しかるべき準備をして臨むのが前提です。私立の大学の場合は、小論文の問題にも概して癖が出ます。ですので、合格を勝ち取るためには、過去に出題された問題を、数年分程度解いておく準備が求められます。志望する大学の出題傾向がつかめたら、高得点が取れるような対策を立てます。小論文で出やすいのが、簡単なテーマについての意見を論じていく問題です。与えられるテーマは、その学科に関係が深い内容が多いと言えます。例えば、医療や福祉の学科を希望する場合は、病気や介護に関するテーマなどが出題されます。文章を読んでから内容を論じる問題も、入試で出される小論文の定番です。予め筆者の書いた評論文などを読み、各問いに添って文書を書いていきます。このような小論文は書き方にコツがあることが多く、特にノウハウを習得しておく必要があります。小論文の書き方を学ぶことは、自分の意見を上手に伝えるトレーニングにもなります。様々な力が問われる小論文では、文章構成を整えるだけでなくメッセージ性を感じさせることが重要です。書き方の勉強は、自分のメッセージが読み手に伝えるためにもプラスです。書き方においても、小論文は作文とは大きく異なります。作文のように拙い印象を与えてしまうと高い評価が得られなくなるため、言葉の選び方や文末の表現についての勉強は必須です。