プロのアーティストになりたいなら新宿美術学院に通おう

入試前の文章トレーニング

原稿用紙

小論文は、多くの大学が入試科目に加えています。得点のウェイトも高く、相応の準備をして臨むのが基本です。過去の問題を解き、志望校の出題傾向を把握する準備がまずは必要となります。書き方のノウハウを学ぶことが、高評価を得るコツです。

今からでも間に合う

男性

社会人になってからでも、高校に通うことはできます。中卒で就職した人などは、通信制高校に通ってみましょう。そうすれば、高校卒業の資格を取得できます。中卒と高卒とでは、お給料にも差があるので、こうした方が有効的です。特に、東京には通信制高校がいくつかあるので探してみましょう。

学習効率を高めるには

女子学生

多くの勉強量が求められる大学入試においては、独学で学習を進めるよりも、塾や家庭教師を活用したほうが多くのメリットを得られます。特に出題パターンや傾向といった知っておきたい情報について入手できる他、学習計画を立ててもらえるのも利点です。

美術学びたい

学生

美術を専門的に学ぶには

美術の能力を活かして将来芸術関係の仕事に就いて、クリエイティブに働きたいと考える人が次第に増えています。このため美大や芸術大学を受験する希望者も比例して増えており狭き門となりつつあります。芸術に特化しての授業は公立高校では厳しいため、受験対策に美術の予備校に入って勉強するのが人気です。都心部の予備校の中で最近注目を集めているのが、新宿美術学院です。新宿美術学院の所在地は、文字通り東京都新宿区で電車のアクセスも良好です。どの路線駅で降りても徒歩15分以内という立地の良さです。新宿美術学院のメリットには、まず美大と芸大の合格率の高さです。合格者数は2017年では全国1位です。新宿美術学院出身の方は、数々の有名美術大学に一般及び推薦で合格されています。次に学費が安いメリットがあります。新宿美術学院では1都3県以外からの通学希望の方に、授業料を約50%オフするサービスを提供してくれます。また優れた芸術的素養がある人には特待生制度があり、選考試験の結果により授業料が一部免除になります。更にどうしても経済的に厳しいご家庭の方には奨学生制度もあるので、事前に相談しましょう。この他のメリットとして学科と授業内容が充実しているところです。新宿美術学院は芸術科は勿論、建築科や映像科、油絵科に工芸科があり、希望の学科が必ず見つかるのと、専門の講師が実演を交えて指導してくれるので、非常に身につくのが早いです。